◇AGA治療の再発発生率は高くはないがゼロでもない

AGA治療が完了してから、すぐに再発したという人は、ごくまれにあるようです。
しかし、それは治療が十分に終了していないことが原因だと考えられています。
数年~数十年後に再発したという声は聞くことはありますが、男性ホルモンがなくなるわけではないので、老化により脱毛原因である(DHT)が徐々に増えてきた結果起こることもあるようです。しかし、すべての人が再発するものでもありませんがゼロでもないようです。

◇AGA治療で再発する年齢もさまざま

AGA治療を終えて再発した年齢は、これも様々あるようです。
20~30代よりも40代からの再発率が高いのは確かですが、若い年齢の人も発毛サイクルが整わない場合もあるので一概に言えません。年齢が高いほど発毛率の低下はありますが、発毛するまでが遅かったり生えそろった数年後に脱毛が始まったりすることもあるようです。
再発に至る理由も、「育毛ケアを忘れていったことで脱毛が始まった」「頭皮乾燥が続き保湿ケアをしなかった」という人も中にはいるので、再発と言えるかどうか原因がわからない場合もあるようです。

◇AGA(男性型脱毛症)以外の育毛剤で発毛しても脱毛することはあります

特に、男性は加齢による頭皮の脱毛が多いようです。頭皮の栄養補給や保湿を十分にしていないことが原因で起こることもあるのでしょう。
若い男性がよくすることはありますが、中年以降の男性になると女性のように顔にパックをすることや頭皮の保湿剤を塗ってヘアケアをする人はほとんどいないのではないでしょうか?
整髪剤とシャンプー・コンディショナー・椿油のようなもので毛髪ケアするくらいまでならする人はいるでしょう。しかし、保湿をする人はほとんどいないので、カユミや湿疹・脱毛症状が出やすくなるのでしょう。
育毛剤で発毛した人はある程度の頭皮ケアをして発毛を確認すれば、それ以降のケアを忘れることが多いので、また脱毛につながったりするのではないかと考えます。

また、基本的に再発した場合は初回治療費無料の専門のAGAクリニックを受診することが解決への一番の近道です。