結論から言うと、市販されている多くの「発毛剤」「育毛剤」が、薄毛治療に対しての医学的な根拠はありません。また、実際の増毛への効果も期待はできないと言っていいでしょう。
「発毛剤」「育毛剤」といえば、テレビや雑誌の広告、インターネット広告をはじめとした様々なWEBサイトなどで宣伝がされています。宣伝には利用者の納得の声や効果を実感したことをあらわす口コミレビューなどがきらびやかに多数並び、とても「効きそう」という印象を与えています。しかし、冒頭でお伝えしたとおり多くの商品で医学的な根拠がなく、具体的にどのような効能があるのか、具体的な証明などにかける場合がほとんどです。医学的知識がない方であれば、その広告を閲覧して自分が納得するような売り文句が掲載されているとついつい購入してしまうと思います。
ここまで、「多くの」「ほとんど」など、全ての発毛剤・育毛剤が効果が無いわけではないことを書いていたのですが、具体的な例外として「フィナステリド」「ミノキシジル」という成分が入った飲み薬・塗り薬であれば、医学的根拠もあり、発毛・育毛に対しての効果が期待できます。ただ注意してほしいのは必ず効果があるわけではなく、人によっては効果が現れづらいことももちろんあります。さらに注意点として、「フィナステリド」や「ミノキシジル」の成分が入った薬、具体的には「プロペシア」や「リアップ」などは医薬品に分類されており、薬剤師との対面販売が必須となりますのでコンビニやスーパーなどでは購入できません。

最後に間違いない対処法としてAGA専門のクリニックを受診することをおすすめします。専門のカウンセラーとの相談や医師の診断、処方など医学的根拠に基づいて適切に処置をしてもらえます。初回カウンセリング無料のクリニックもありますので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

AGA治療のおすすめはココ